知っていると役立つ基礎知識!?不動産売却のポイントなどを分かりやすくご紹介

不動産売却の基礎知識として、土地は更地評価が最も高くなるという事実を指摘することができます。
戸建て住宅などは経年劣化で10年も経過すれば、価値はほぼなくなり土地の価格が売り出し価格の大部分を占めていることは珍しくありません。
不動産売却をするにあたって中古の空き家などが残っている場合は、取り壊し費用はかさみますが取り壊して更地にしてしまったほうが高く不動産売却できる可能性もあるので、事前に検討することをおすすめします。

空き家の家を放置しているといろいろな問題が発生!早期に不動産売却が安心に繋がる

不動産を相続したとき、現在の住まいが賃貸のケースではその家に住むことで資産を守り続けることができますが、既に持ち家に住んでいる人はそのまま放置していると固定資産税や維持費などがかかることから不動産売却を検討するケースは多いといえましょう。
ただ、中には不動産売却をすべきか否かで迷ってしまう人も多いが現状です。
例えば、相続した家が遠方にあるため売却活動がしにくい、相続人の中で問題が生じているなどで空き家のままにしてしまうケースが存在します。
固定資産税やメンテナンス費用などお金がかかることだけでなく、庭木が伸びて電線に悪影響を与えたり、近隣の住居に迷惑をかけてしまう、さらにだれも住んでいないなどの理由からゴミの不法投棄や空き巣などに狙われる、放火などのリスクも考えられます。
また、法律により空き家として認定されてしまうと、優遇措置を受けられません。
優遇措置が適用されなくなると税金の支払い額が大きくなることからも早めの不動産売却が大切です。

不動産売却は相続した空き家の処分の仕方の一つ

不動産売却は相続した空き家を処分するための一つの方法で、理由はさまざまで税金の負担軽減や資産を現金化するためなどが挙げられます。
親や親族から譲り受けて相続した土地など、不動産を売却する前にやっておくことでは、法的な手続きを確認があります。
相続登記が正確であるかどうか、所有者の情報なども含めて間違いのないようにしておくことです。
不動産の価値を知るために査定を依頼し、この結果で物件の立地や状態、周辺環境などによって異なります。
土地などを相続すると税金の対象となるために、売却によって発生する費用やできれば軽減策などを確認しておくと良いです。
そして方法にはさまざまな選択肢があり、不動産仲介業者を利用することもできますし、オークションを検討する方法も選ぶことができます。
不動産売却前に物件を整備しておくと買い手がつきやすくなりますので、必要であれば修繕やクリーニングなどを行い、物件を良い状態に保ちましょう。

名義変更は相続した家を不動産売却する前にやっておくべきことの一つ

空き家の不動産売却は、主に相続した戸建て住宅やマンションを対象にしているもので、相続したときにはなるべく早い段階で名義変更が大切です。
ちなみに、相続した不動産には登記変更の義務はないのですが、自分の名義にしておけばスムーズに不動産売却ができます。
名義変更するときには、固定資産税評価額により算出される登録免許税と司法書士に手続きを依頼した際には報酬などが必要です。
固定資産税評価額や地域によって異なりますが、10万円から20万円が目安です。
仲介業者を通じて不動産売却を行うときは、家の中には残留物がない状態で引き渡すのが一般的です。
購入希望者が家の中を見学することになるので、きれいに片づけておくことや掃除も必要です。
ただ、古屋付き土地などで売り出すときは家自体の価値はないので問題はないのですが、残留物があると解体費用も多くかかるため遺品整理を行うなども大切です。
遠方の物件などのときや時間を割くことが難しいときは、遺品整理サービスを利用すると良いでしょう。

相続した不動産売却は遺品整理や仏壇の処分が必要になることも

実家を相続したものの、すでに遠方で生活の本拠を構えている場合、この先居住する予定もない不動産を維持するのもコストがかさみます。
毎年発生する固定資産税に代表される租税納付のほか、庭の雑草処理や害虫発生に備えて消毒するなど管理に伴う負担は相当なものです。
相続を契機に実家の不動産売却を検討する向きは多いようです。
実家を相続する事態というのは、すでに両親が物故しており空き家になっていることが珍しくありません。
家具や家財・畏怖胃や什器・仏壇や屋内に雑然としている動産類の各種は、そのまま放置したのでは買い手を見つけるのは困難です。
そのため自力で清掃して不用品を処分したり、専門業者に不用品回収を依頼するなどの対策が必要です。
なかでもデリケートなのが、不動産売却にあたっての遺品整理や仏壇の処分です。
遺品整理は専門資格のある業者に依頼したり、仏壇に対しては処分の前に宗教者による「魂抜き」が開催されるのが一般的といえます。

相続した家を不動産売却するときには購入時の価格が分かる資料があると税金面で有利

不動産売却が相続が契機になって向き合うことがあるのは、しばしば経験されるところです。実家から遠く離れた場所で自宅を構えると、相続した実家の不動産などはコストがかさむだけなので、転居する予定でもない以上、不動産売却で処分してしまいたいとのニーズが存在しているからです。 ところで不動産売却の結果、譲渡益が発生した時には不動産取得税を確定申告で納付する必要がでてきます。相続で所有権を取得するというのは、無償で取得したのと同じなので、どうしても譲渡益が高くなってしまう傾向があります。税法では一定の控除額が認められていますが、少額のためそれほどの節税効果を見込むことはできません。 相続を契機に不動産売却を検討しているときは、戸建て住宅や分譲マンションであれば資料として購入時の価格が判明する当時の売買契約書などを見つけておくことは有益です。購入価格をコストの一部とすることで、取得費用に計上できる可能性があり、節税を期待できるからです。

不動産売却する際に活用できるサービス①:住居内をプロが掃除するハウスクリーニング

不動産売却するときの住宅をリフォームすると高く売れるかもしれない、しかし思っていた以上に安くなってしまい費用を回収できないケースもあります。このようなときおすすめの方法の一つがお掃除のプロにハウスクリーニングを依頼するやり方が挙げられます。ハウスクリーニングは、素人では中々落とすことができない頑固な汚れを根こそぎ落とす技術がありますし、リフォームするよりも費用を抑えて不動産売却を行う家をきれいにできるメリットがあります。 また、インスペクションやプロが室内を演出するホームステージングなどの方法もおすすめです。インスペクションは、専門家が住宅の劣化状況や価値を判断してくれるサービスの総称で、住宅の寿命や欠陥の有無などの検査を実施して異常があるときには適切なアドバイスを貰えます。ホームステージングは室内を魅力的に演出するサービスで、家具やインテリアを適切な位置に配置するなどで室内がおしゃれなるメリットがあります。不動産売却のとき、家の見学に訪れた人は生活のイメージが想像できることから印象アップにも最適です。

不動産売却する際に活用できるサービス②:インスペクションの実施

不動産を売却する際、インスペクション(物件検査)の実施は非常に重要です。このプロセスでは、専門の検査員が物件の状態を詳細に調査し、構造的な問題や修理が必要な箇所を特定します。売主は物件の実際の状態を把握し、適切な価格設定や必要に応じた修繕を行うことが可能です。 不動産売却の将来的なトラブルを、避けるためにも役立ちます。隠れた欠陥が後に発覚した場合、購入者からのクレームにつながる可能性があります。インスペクションを通じてこれらの問題を事前に明らかにし、適切に対処することでスムーズな取引が期待できるのも魅力。 結果は、物件の魅力を高めるための有効なツールにもなります。検査結果を購入希望者に提供することで、物件の信頼性が高まり、購入者の安心感を与えることができるのもメリット。中古住宅市場において重要で、物件の状態に対する不安を軽減し購入意欲を促進する効果があります。 不動産売却の価格交渉においても重要な役割を果たし、物件の状態が明確になることで公正な価格設定が可能となり売主と買主の間でスムーズな交渉が行えるようになります。

不動産売却する際に活用できるサービス③:プロが室内を演出するホームステージング

不動産売却のとき、リフォームすると高く売れる可能性がある、しかしリフォーム費用を回収できるだけの金額で売れるとは限りません。一般的には、自分たちでできる掃除やメンテナンスを行って見栄えを良くする人は多いけれども業者に頼んで修繕するケースは少ないといえましょう。最も、雨漏りなどが生じている場合は改善するなどが大切ですが、売買契約を交わす前に不具合があることを伝えることも大切です。 不動産売却を行うとき、多少お金がかかっても見栄えを良くしたい人におすすめなのがホームステージングです。ハウスクリーニングなどの方法もありますが、ホームステージングはインテリアのプロによる室内空間を魅力的に演出するサービスです。具体的には家具やインテリアを適切な位置に配置するなど、模様替えを行い内見者に対して好印象を与える演出を行います。内見者生活のイメージがしやすくなるので不動産売却の物件に対する印象アップに効果的です。

マンションの不動産売却は床の傷の修理は必要?

不動産売却のとき、家をどこまで修理すれば良いのか悩む人が多いようですが、基本的に生活に全く支障がない傷やヒビなどは対処の仕方に迷うケースは多いといえましょう。例えば、リビングなの床についている傷は修理した方が良いのではないか、このような悩みになるケースは多いのですが、結論からするとコストの回収ができないことや相手のニーズを潰してしまう恐れがあることからそのままの状態で不動産売却を行うのが正解です。ただ、床に傷があると値引き要求が行われる可能性もあります。この場合は、不動産会社に相談して補修にかかる費用や予想される値引き金額などを比較して担当者と相談しながら修復の必要性を判断するのがポイントです。なお、傷や汚れなどを隠さないこともポイントです。不動産売却を行うときには、購入希望者が自宅に訪れて内覧を行うことになります。少しでも好印象を与えるためにも、内覧の準備として掃除を行ってきれいにしておくことが大切です。また、内覧のときはカーテンを全開にしておいて日中でも電気を点けて部屋を明るくすることも好印象に繋がります。

芦屋市 不動産売却に関する情報サイト
不動産売却のポイント

このサイトではいつかのタイミングで不動産売却を検討している方を対象に、実際に取引に向き合うときに抑えておきたい基礎知識を中心に各種のコンテンツを展開して御紹介しています。
中古戸建て住宅の売却時には、隣家との境界線が曖昧になっていないか、確認することが大切です。
中古住宅市場にも空き家が見受けられるようになりました。
住人がいなくなると劣化が進行するので、そのままでは買い手が見つかりにくいため事前にリフォームを済ませておく方もいるようです。

Search